雨漏りが起きる原因=水×工事業者

はじめに

雨漏り診断士の片山です。

皆さまが暮らす住宅をはじめとする建造物の寿命を縮めてしまう大きな原因として、雨漏り(漏水)が挙げられます。

この事象は自然現象としての雨や雪などの外的漏水にはじまり、次に居住空間や配管スペースなどからの漏水が挙げられ、次いで湿気に結露といった雰囲気的要因も時には漏水と見まがう事さえあります。

これらは雨水によるものは当然ながら、上・中・下水道管などから漏れ出した『水』や、温度差など水蒸気発生にともなう結露がなければ、そもそも発生いたしません。

しかしながら現実的には居住・自然環境がある限り、避けて通ることができないのも事実です。


「だったら漏水しないように業者が徹底すれば良いじゃないか?」と思われるかもしれませんが、そうもいかないのが現状のようです。

下記の図をご覧ください。


紛争処理2020リフォーム.png

戸建てリフォームによるトラブル相談総数 3,973件のうち ●678件が雨漏りトラブル

出典 (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター統計年報 2020年度 


上の表は(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる2020年の事象別相談案件の内容です。

雨漏りに関する苦情や相談が15.6%(ワースト2位)となっています。

この他に、相談施設や保険会社などの統計をふくめると、より多くの件数となる事が考えられ、さらには消費者サイドの『泣き寝入り』を、そして漏水の確認が困難な『内部漏水』等を含めますと想像を遙かに超えた数字となることは否めません

新築工事での漏水事案は論外としても、リフォームにおける同トラブルはあとを絶つことがなく、今この瞬間にも雨漏りに悩まれている方々が実に多くいるのです。

 

さて、この漏水ですが殆どの確率で防止することができる、秘訣があるのをご存じでしょうか。

秘訣といっても大げさなものでは無く、その事象に対する考え方および施工方法を確実なものにするだけ・・・ただこれだけです。あとは何もいりません。


しかし新築・改修問わず、なぜこれほどの漏水事例があとを絶たないのでしょうか。

実の所その答えは施工業者の『考え方』にあります。

よくある代表的な例を挙げてみましょう。

 

  1. 専門知識の欠如によって引き起こされる『欠陥工事』
  2. 業者都合における『手抜き工事』
  3. 元請け事業者の売上げ・儲けを優先する『利益追求型工事』

 

これらはすべて、工事を請け負った業者もしくは作業を行なう業者の考え方によるものが原因です。

1.『欠陥工事』は専門的知識の研鑽・最新技術の習得に日夜励むことで回避できます。

2.『手抜き工事』は工事金額(実際の工事費用に充てられる原価など)が低ければ低いほど手抜きをされる確率は一層高まりますので、無理をして工事を引き受けるのでは無く、業者側の判断で辞退さえしていれば手抜きに至ることはありません。

3.『利益追求型工事』は悪以外の何者でもありませんね。

 

戸建て住宅をお持ちのオーナー様のほとんどは、こうした事実を意識することがないのが現状ではないでしょうか。

「分からないから伝えない」「知らないから分からない」────。

ご自宅の寿命を延ばすのも短くするのも、業者次第。

また、それを選ぶのもお客様次第なのです。

 

まずは雨漏りが起きてしまう背景をご紹介いたしました。

▲このページのトップに戻る

  adpkt.jpgtop_img4.jpg