建築分野でいう内装塗装

 

建築塗装には、大きく分けて2種類の分野があります。

 

一つは【新築塗装】二つ目に【塗替え工事】。

一般的に目にされるのが、【塗替え工事】だと思います。

業界用語で言う「町場のペンキ屋」、略して町ペンなんて言われています。

 

【新築塗装】、こちらは文字通り新築現場の塗装工事に携わる塗装会社のこと。

新築現場といいますと、ビル・施設・住宅などに分かれますが、ここからも主に二分割されていきます。

 

外装と内装。建物の外壁などを塗ることを得意とする外装屋。

逆に、内部(室内)を仕上げる内装屋に分かれています。

 

現在ではこのように分野で分かれている工事店がほとんどで、それぞれが得意な工事を担当し続けているといえます。

 

こちらのページでは、そんな【新築の内装(塗装)】について説明していきます。

新築時のパテ処理

 

アイフォンより pate1.jpg

ボードが貼られている状態


新築の内壁には、この画像のようにたくさんのボードが貼られておりますが、なぜこのようなものが貼ってあるのでしょうか。

ボードを貼る理由の一つに、部屋を仕切るための『間仕切り』の意味があります。

比較的自在に部屋の間取りを替えられるので、ボードが使用されていることが多いのです。

この上から、壁紙(クロス)などが仕上げられています。

きっと皆さまのお部屋の壁にもボードが使われているのではないでしょうか。

 

元々は、一枚一枚バラバラのボード。

それを全てつなげるための工程が、パテ処理というものであります。

 

DSC_0094.JPG

店舗の塗装作業では、パテ処理が必須条件

 

要はちぐはぐに貼ってあるものを、すき間とつなぎ目のないフラットな壁にするための施工方法。

この作業を凹凸(おうとつ)無く仕上げることができれば、塗装そのものが非常にキレイに完成するのです。

 

まずは簡易的なパテ処理工程から記載します。

 

 

 

IMG_2232.JPG

コーナー設置


はじめに、ボードの出隅(でっぱりの角)を平らにするため上記の物を取り付けます。

強度が強くなりますので、必ず使用します。 

 

アイフォンより pate2.jpg

寒冷紗貼り・下パテ

 

次にボードのすき間・つなぎ合わせている部分を繊維状のテープなどを使い割れに追従できるように貼っていきます。

そして、1回目のパテを平滑に塗りつけます。

 


IMG_2233.JPG

(寒冷紗とは、このような繊維状のテープ)

 

アイフォンより pate3.jpg

下パテ・乾燥中

 

アイフォンより pate4.jpg

上パテ・乾燥

十分に乾燥させたあと再度パテ付け。

粒子が細かいパテを、できるだけ平らになるように均します。

 

アイフォンより pate5.jpg

サンドペーパー処理(研磨)

乾燥後紙ヤスリなどで凹凸が無くなるまで削ります。

この作業が一番大事で、ここをしっかり行わなければ塗装したあとの見栄えが最悪に。

 

アイフォンより pare6.jpg

粉じんの清掃

紙ヤスリをかけたあとの粉じんをしっかりと落とします。

 

アイフォンより pate7.jpg

すき間埋め・乾燥硬化

 

アイフォンより 2018.3 663.JPG

パテ処理・終わり

 

ここまでがパテ処理になります。

この他にも『総しごき』といわれる、壁全体をパテで覆う方法もあるのですが、上記の施工法でも十分フラットになっています。(パテの付け方・粘度調整・乾燥時間の計算・均し方・研磨の仕方によって微調整しながら行えば簡単に施工できます)

 

全行程に乾燥期間をしっかり取ってから、塗装工程へと進みます。

 


 

一般的に内部で使用されているボードの表面は、薄い紙が施されています。

紙面の強化と塗料の密着力、塗装面の均一化の観点から『シーラー』を入れるようにします。

 

アイフォンより pate8.jpg

下塗り

 

アイフォンより pate9.jpg

中塗り

 

アイフォンより pate10.jpg

仕上げ塗装〜完成へ


 

これで塗装工程の完了となります。

 


 

 

アイフォンより 2018.3 629.JPG

施工前

アイフォンより pateok.jpg

施工後


部屋の間取りを決めるうえで、必要な建材であるボード。

100枚のボードを、1枚の壁に仕立て上げること。これが新築塗装の定義です。

 

▲このページのトップに戻る

  adpkt.jpgtop_img4.jpg