痛みの激しい、劣化したスレート屋根

 

住宅の屋根でよく見かける、スレート屋根────

とてもたくさんの建物で使われていると思います。

 

IMG_1702m.jpg

築15年を超えている、手つかずのスレート瓦

 

スレート瓦(屋根)・・・とは呼ばれておりますがセメント質・繊維質等で作られているこの屋根に、酸性雨に対する耐久性能はほとんどありません。

材質そのものは長期間水分を含みますと割れやすく、長い年月によりボロボロになってしまいます。

 

しかし、屋根としてその耐久性を保持するために、あるものだけが役立っています。

 

それは、『塗膜コーティング』(塗装)です。

 

IMG_1188m.jpg

塗替え直後の画像例(JPM遮熱フッ素塗料で施工)

 

塗膜コーティングの有無は、「ツヤ感」・「しっとりした見た目」・「コケや汚れの状況」にておおよそ見当がつきます。

あせてきた感じ、またはくすんだように見えてきたらコーティング性能の末期ともいえるでしょう。

 

IMG_0847m.jpg

白っちゃけて見えるものも性能が失われてきている証拠

 

上記画像は新築時から未塗装のままの屋根です。

はじめは塗膜コーティングがなされた状態で葺(ふ)かれていますが、5年を過ぎたあたりからこのように白っぽくなっていきます。

この『スレート瓦』、塗膜の寿命がとても短いという欠点があります。

 

その多くは10年前後で塗り替えが必要となっており、5〜6年程から表面の耐久性が落ち始めます(フッ素等の特殊加工は除く)。

塗装が可能か、否か。

このページでは築10年以上経過していて、かつ屋根の塗り替えをしていない物件を対象と致します。

 

一昔前までの屋根には、現在流通しているような『強度の強いスレート瓦』がなく(もっと昔の屋根にはアスベストが多く使われておりました)、意外に弱いものが主流となっていました。

そんな瓦ですが、先にも述べたとおり塗膜コーティングがなくなってきますと、雨水を吸収して脆くなってしまいます。

 

IMG_1716m.jpg築15年以上経過したスレート屋根(メンテナンス無し)

 

雨だけではなく太陽からの紫外線からも悪影響を受け続けてしまいます。

そうなってしまいますとアンテナ工事などで屋根に上った際、パキっ!!と割れてしまうのです。

(この理由から、しんあいペイントでは現地調査・見積もり時点で屋根に上るのを禁止しています)

 

明らかに壊れやすい場合には、葺き替え/カバー工法をオススメすることになるのですが、まだ塗装で補えるうちには次の工法で対応することになります。

下塗り回数を増やし、必要以上に手間をかけるのがセオリー

 

IMG_1736m.jpgシーラー1回目塗布

 

通常ですと、スレート屋根の下塗りにはシーラーを使用します。(浸透するプライマーもあり)

このシーラーの塗布方法に今回のカギがあるのです。

 

si-ra-2kaime.pngシーラー2回目

健全な状態のスレート瓦であれば、シーラー塗装は1回塗りが基本となります。 しかし、痛みが激しい場合にはシーラーを2回塗る事により強い塗膜形成に一役買ってくれるのです。 それでも不安が残った場合・・・・もう一度同じ工程を重ねてしまいます。

 

シーラー1+2+3回目の境目2回目と3回目の境目。右側には光沢が確認できる

 

上の画像で指で示している部分に、タテに筋が入っているのがお分かりでしょうか。

左側が2回目・右側が3回目のシーラー、ツヤ感の違いがはっきりとわかりますね。

 

このように下塗りに意識を集中して施工すれば、塗膜性能を大きく伸ばすことができるのです。

 

IMG_1702m.jpg施工前

IMG_1785mm.jpg

施工後

 

施工後は予想していたよりも光沢感が出てきてくれました。

 

これよりもう少し傷んでいる場合には塗装による『強化工法』もありますが、またの機会に紹介させて頂きます。

※劣化度合いがひどい場合は葺き替えをオススメします。

▲このページのトップに戻る

  adpkt.jpgtop_img4.jpg