お見積りのご依頼について

 

よく、「外壁塗装の見積もりって何を、どうすれば良いのかわからない」とお聞きすることが多いので、こちらのページではお見積り依頼の流れをご説明したいと思います。

 

ご依頼方法は以下の3つになります。

 

お電話

 

メール(お問合せフォーム)

 

店頭へご来店

 

以上の方法でコンタクトを取らせていただいた後、お見積もり日時を決めさせていただきます。

 

そして決められた日時に弊社から現地調査・実測へと向かいます。

 

この時に、お客様へのお願いがあります

 

ご自宅の図面(立面図・平面図)があればご用意ください
お持ちでなければ結構です
 
お客様にご在宅をお願いしています
バルコニー内部の実測などを致しますので家の中へお邪魔する場合があります

 

 

この現地調査・実測ですが、ご自宅の外壁などの寸法を測ります。

 

測る理由についてですが、実際に何平方メートルあるかを調べるためです。

 

塗料の必要塗布量をしっかり計測することで、塗料・材料の正しい数量が把握できます。

 

簡単な坪単価計算では決して割り出せません。

 

(この必要塗布量を厳守することによって不正工事を防ぐことができ、きちんとした塗料の厚みを付けることができます)

 

また、壁の現状を知ることにより最も適した塗料の選択や強靭な下地作りの判断材料になるためです。

 

ご依頼主様と漏水箇所の有無の確認と、ヒアリングをさせていただいてから調査は終了です。

 

お客様は基本的にお家の中にいていただいて構いません。

 

バルコニー内の実測・漏水の確認でお家の中へお邪魔する場合もありますのでご在宅をお願いしております。

 

図面をお持ちの場合は、ご了承を得られればコピーを取らせていただきます。

 

帰社後、事務所にて寸法を拾い出すため現地調査は1時間前後で終わることが多いです。

 

(図面をお持ちでなければ2時間前後かかる場合がございます)

 

持ち帰った資料を基にお見積書・外壁診断書の作成に入ります。

 

細かく寸法を割り出すため多少お時間をいただく場合がございますが、最短翌日〜5日ほどで作成したお見積書を持って伺います。

 

疑問点などがありましたら、この時点でご説明いたします。

実測は、絶対に必要です

上記の流れですが、どうしても必要な過程ですのでご理解とご協力をお願いしております。

 

弊社では実際に塗装する面積(屋根〇〇u・外壁〇〇〇u等)を割り出し、その面積に使用する塗料の缶数を掛け、人件費を計算してから単価を表示します。

 

また、外壁の現状・材質・塗料との適性など、調査を実施いたします。

 

そうして得た情報を基にして提案を致しておりますので、どうしても時間が掛かってしまいます。

 

よく、「一式100万円でやります」「○○坪だから50万円でやらせて下さい」などと言って契約を急かす営業さんがいるそうですが、弊社ではこういった契約に関して、『急ぐべきではない』と考えております。

 

本来使用するべき塗料の缶数を、目検討で計算されてしまっては不具合へとつながり、塗料が剥がれてしまうことが多いからです。

 

以上のことから、きちんとしたお見積もりをするためには実測・時間・労力は必須です。

 

ちなみに、「どうしても弊社で契約してください!」などといった下心で書いているわけではありません。

 

あくまでもお見積り〜ご契約までの間に、必要不可欠なことがあるということをお伝えしたかったまでです。

 

あなたの大切なお住まいを、入念な下調べもせずに塗り替えられてはショックだと思いますし、高額な工事になりますから、ご契約を即決する前によく考える時間も必要、と思っております。

▲このページのトップに戻る

  adpkt.jpgtop_img4.jpg