内部の塗り替えはとても手軽にできます。

こちらのページでは内部の塗装についてご紹介します。

 

ご自宅のお部屋などを塗り替える際の参考になれば幸いです。

 

外壁塗装や屋根塗装では、危険防止と塗料の飛散防止のために足場を設けます。

 

しかし、室内の塗装ですと基本的に足場などは必要ありません。

 

足場を組まないので、費用が安く大変手軽にできてしまいます。

 

 

当サイトでは、内壁を塗装で行うので内装という言葉にて解説していきます。

 

 

内装を行う前の壁ですが、主にどのような壁があるのでしょうか。

 

よく見かけるのが木製の壁(板貼り)や、塗装壁、クロス壁などがあると思います。

 

 

DSC_0161.JPG

木製の壁

木の板を並べて貼った壁

ログハウスなどに多いです。

温かみのある印象になります。

 

DSC_0160.JPG

塗装壁

ボードや躯体壁(モルタルやセメント下地の壁)に

直接塗装を施したものの総称です。

ドライな印象になります。

 

DSC_0163.JPG

クロス壁

ボードなどに壁紙を貼ったものになります。

比較的柔らかな印象になります。

 

皆様は上記のような壁のお部屋に住まわれているのではないでしょうか。

 

このような壁も経年劣化や汚れ・キズなどで交換したりすると思います。

 

交換や張り替える、となりますと思いのほか時間とお金がかかります。

 

そこでお手軽にイメージチェンジする方法が塗装によるリニューアル工法です。

 

塗装壁はもちろん、板貼りの壁やクロスの上からでも塗装ができます。(一部塗装不可あり)

 

一例としてクロスの上から塗装したもの

IMG_0680.JPG DSC_0164.JPG

施工前画像は下塗り後です

 

 

施工後〜普通のクロスの上から

立体的な石目調塗装を施しました。

 

このようにデザイン性のある塗装も簡単にできます。

 

もちろん汚れてしまったクロスを塗り替えることも簡単です。

(クロスの転写技術には及びませんので簡単な塗り替えの場合単色にて塗りつぶし仕上げとなります)

 

板貼り壁は木の表面にクリヤ以外の特殊なコーティングを塗ってある場合があります。

 

ごくまれに塗料の乗らない材質が存在しますが、ほとんど塗り替えることができます。

 

タンスやベッドなどを移動するだけで簡単に塗り替えが可能となります。

 

床の絨毯や机など汚せないものにはしっかりとビニール養生をして、塗装に臨みます。

和室の全面塗り替え〜部分的な塗装まで

和室の壁というと、左官による砂壁・珪藻土塗装のイメージがあるのではないでしょうか?

 

古くなってきた壁をきれいにしたい場合、左官工事業者に依頼してやってもらうことが多いと思います。

 

ただ、こちらの左官工法ですと時間をかけて行うことになります。

 

しかし塗装で代用すれば時間もかかりません。

 

1日〜2日で一部屋終わらせることができます。

 

DSC_0538 (1).JPG

施工前〜和室壁への漏水状況

   

DSC_0625.JPG

施工後〜外部雨漏り箇所防水後、塗装による内壁漏水痕補修

 

意外にも、塗装でリニューアルすることができるんです。

 

DSC_0627.JPG

近くで見ても然程の違いはありません

 

塗装といえど質感がものすごく変わるわけでもありません。

 

和室のリニューアル工事では、他にも木部(柱や鴨居等)のアク洗い・木部の塗装・漆喰塗装・珪藻土塗装など、いろいろなリメイク法もあります。

 

ちなみに、私は100件以上の室内塗装を手掛けておりますが(少ないかもしれませんが・・)どちらのお宅からも好評をいただいております。

 

ただし室内の工事ですから、細心の注意を払う必要があります。

 

お客様には気持ちよく過ごしてほしいので、迷惑をおかけしないように徹底して作業に当たらせていただきます。

 

また、畳の交換・ふすまの貼り替えも承っております。

 

日々の暮らしはお部屋の雰囲気で左右されますので、ぜひこの機会にお部屋の塗り替えも視野に入れていただければ幸いです。

▲このページのトップに戻る

  adpkt.jpgtop_img4.jpg