確認が困難な、壁内漏水とは

それでは、雨漏り業者ですら発見することが難しいといわれている『壁内漏水』についてご説明致します。

壁内(へきない)という文字通り、壁の内側に雨水が流れ込む事をさします。

こちらをご覧下さい。

 

南面全景 調査時.jpg

パッと見塗り替え時に見える外壁に対する調査・見積もり時の様子

劣化事象 K様邸.jpg塗膜と建材との層間剥離

 

横から見た浮きA.jpg

横から見た状況

 

一見、「壁が傷んでいるだけ」にも思えるこちらの外壁ですが、壁内漏水が進行していました。

続いて、剥がした時の様子です。

 

合板の腐食状況.jpg

防水紙はもとより合板そのものが腐食しており、なおかつ虫害が進行している

 

土台の腐食状況.jpg

内部解体を終えた時の画像 土台の腐食と虫害が確認できる

 

梁や胴差しなどの腐食状況.jpg

剥がせば剥がすほど、胴差や梁までも腐食していた

 

これらは全部、壁内漏水によって引き起こされた腐食事案です。

当サイトでも常に発信しておりますが、壁内にて起きている漏水において最も厄介なのは、

●部屋の中からは雨漏りの跡が確認できない事

●外からも見ても確認できない事

であります。

 

このように外壁からして割れている場合では、すでに手遅れになっていることが圧倒割合を占めます。

皆様のご自宅はいかがでしょうか。

こちらのお客様におかれましても、壁内・室内・外装ともに全面改修を行なわせて頂きましたが、紛れもなく前回の業者による人的ミスであることは間違いありません。

もちろん、しんあいペイントとしては今回の工事にて雨水の浸入経路と雨仕舞い不足に対する痕跡はしっかりと特定し且つ完璧な修繕を致しましたが、同業界の立場としてはどうにもやるせない、悲しい場面として深く印象に残っています。

過去に塗装業者またはリフォーム業者が行なった安易な施工方法は、このように数年経過したのちに最悪な形で露見される事が多いのも事実です

▲このページのトップに戻る

  adpkt.jpgtop_img4.jpg