劣化した(浮き・反り上り含む)サイディングへの徹底的な修復と遮熱・断熱塗装|神奈川県小田原市

神奈川県小田原市 M様邸 (脆弱サイディング 強度プラス工法)

築年数:11年

塗替え回数:はじめて

施工箇所:屋根・外壁塗装・シーリング・サイディング補強/復元・雨水壁内侵入経路への水流切り替え施工・バルコニー床コーティング・クリーニング等

 

 

ご依頼のきっかけ ホームページ 

主なお悩み 経年劣化・コケ汚れ等 

当初の劣化度 1・2・3・


税込工事価格帯170万円〜180万円

 

89Mさま 施工前1.jpg

施工前

 

89Mさま 完成11.jpg

施工後

使用材料 屋根・ガイナ/外壁・水系ファインコートシリコン遮熱/付帯部・セミフロンマイルド/オートンサイディングシーラント/ウレアックスHG/その他

 

経年劣化をはじめ、夏季の室内温度上昇に悩まれていたお客様からのご依頼です。

現地はとても日当たりが良くとても明るい印象のたたずまいでしたが、やはり日当たりの関係上から各所に『サイディングボードの浮き・釘抜け・シーリング破断と欠落』などが多く見られました。

こういった場合、現地調査(お見積り)の時点では確認できないことが多々有り、その状況を慎重に分析する必要があります。

下調べの中で分かったことは、新築時の施工方法による不具合に強い日差しが相まって、上記の現象が起きていたものと推測し、最重要視する部分を『雨仕舞いとボードの強化』にシフトチェンジすることに致しました。

以下、施工一例を掲載します。

 


 

【工事 スタート】

Mさま 足場例.jpg

▲足場掛け

 


 

【高圧洗浄 例】

Mさま 屋根施工前 2019.png

▲屋根 施工前

M様 施工前 1.jpg

▲屋根 洗浄

樋内洗浄 Mさま.jpg

▲樋内洗浄(詰まり・コケの除去)

Mさま カベ 施工前.jpg

▲外壁 施工前

Mさま カベ洗浄.jpg

▲外壁 高圧洗浄

 


 

【屋根塗装 例】

Mさま 屋根板金 処理前.jpg

▲屋根板金 漏水処理前

Mさま 玉シール 施工後.jpg

▲屋根板金 防水処理(不可欠作業 玉シール

Mさま ガルバ屋根表層研磨.jpg

▲ガルバリウム屋根 表層研磨および清掃

(素地を出さないようにすることがサビを起こさないコツ)

Mさま 屋根 下塗り(ハケ入れ).jpg

▲ガルバリウム専用下塗り

(ハケ入れ。重なり部分奥への塗膜形成に必要)

Mさま 屋根 下塗り(遮熱プライマー全2回).jpg

▲同下塗り

(仕上げ同様、下塗りにも適切な塗装方法が必要)

Mさま ガイナハケ入れ例.jpg

▲ガイナ上塗り1回目・ハケ入れ風景

(断熱塗料の効果を確実に引き出すための必要工程)

Mさま ガイナ 1回目.jpg

▲上塗り1回目・ローラー塗布

Mさま ガイナ 2回目.jpg

▲上塗り2回目風景

Mさま ガイナ 3回目 (規定値超え到達).jpg

▲上塗り3回目(適正厚み通過

 


【各所 欠損および亀裂箇所例】

 

Mさま 欠損例18.jpg

▲欠損例

Mさま 欠損18 補修.jpg

▲サイディング欠損 復元の一例

 


 

【塗装前 不具合箇所の事前確認】

脆弱ポイント 29 Mさま.jpg

Mさま 脆弱ポイント48.jpg

M様 カベ 脆弱ポイント.jpg

Mさま 不具合箇所特定 手摺笠木 4.jpg

▲脆弱ポイントの調査・把握例

(足場を建てて初めて分かる不具合箇所もある。目視できる室内側への漏水とは違い、このような状態では壁内漏水が起こっていることも多々見受けられる)

 


 

【下地処理例】

破風 亀裂 Mさま2019.jpg

シール 施工前 Mさま2019.jpg

▲シーリング施工前

Mさま 破風 補修16.jpg

シーリング Mさま2019.jpg

▲全箇所 シーリング処理

 


 

【付帯部工程 一例】

のきとい 施工前.jpg

▲軒樋 施工前

のきとい せいそう研磨脱脂.jpg

▲軒樋 研磨〜脱脂〜清掃

Mさま 軒樋塗装 中塗り.jpg

▲軒樋 中塗り

Mさま 軒樋 上塗り.jpg

▲軒樋 仕上げ塗り

 


 

 

【細部工程 一例】

Mさま 器具 .jpg

▲既存器具

Mさま 器具撤去例 .jpg

▲撤去〜不具合補正

(塗料を漏れなく塗布するための秘訣。このような場所にも雨漏り対策が満足になされていない事が多い)

Mさま サイディング下部 塗装例.jpg

▲サイディングボードの下側への目止め剤塗りつけ

(雨水の停滞時間が長い部分。ここまで塗装することが大切)

 


 

 

【付帯部】

Mさま 水切り 下塗り.jpg

Mさま2019 破風塗装.jpg

Mさま 雨樋 塗装.jpg

Mさま SB 塗装.jpg

▲各種 付帯部 塗装風景

 


 

 

植栽 養生 (大開口).jpg

▲養生例:植栽

Mさま シーラー 2019.jpg

▲外壁 下塗り

mさま ボード下部 塗布.jpg

▲ボード下部への塗装例(先述の延長)

Mさま カベ 中塗り.jpg

▲中塗り(施工後)

Mさま カベ 仕上げ .jpg

▲上塗り

器具 復旧 塗装済み Mさま.jpg

▲塗装完了後 撤去器具類の復旧例

清掃窓 Mさま 2019.jpg

▲仕上げ クリーニング風景

 

 


 

 

Mさま 破風 施工前.jpg

▲破風 施工前

破風 仕上げ 完了 Mさま.jpg

▲完了 

 

 


 

 

Mさま 水切り 施工前.jpg

▲水切り 施工前

水切り完成 小田原 Mさま.jpg

▲完了

 


 

 

とい 施工前 Mさま.jpg

▲樋 施工前

とい 完成 2019 Mさま.jpg

▲完了

 


 

 

Mさま SB施工前.jpg

▲軒裏天井・シャッターBOX 施工前

SB 完成 Mさま 小田原市.jpg

▲完了

 


 

Mさま 屋根施工前 2019.png

▲屋根 施工前

Mさま 屋根 完了.jpg

▲完了(ガイナ厚塗り)

 


 

床 施工前 Mさま.jpg

▲バルコニー床 施工前

床 完了 Mさま.jpg

▲完了

 


 

 

 

Mさま 2階 施工前.jpg

▲施工前

屋根 カベ 天井 付帯部 完成 mさま邸.jpg

▲完了

 


 

 

Mさま カベ 施工前.jpg

▲外壁 施工前

外壁完成 Mさま 2019.jpg

▲完了

ボード下部 塗膜確認完了.jpg

▲各所サイディングボード下部 塗膜チェック完了

 


 

 

築年数11年と、経年の浅いサイディング住宅。

このような劣化の少なそうなお住まいにおきましても、塗装工事をはじめてみると意外にも不具合が多いのが現実です。

理由としては、

@建築時の手順や工法が原因であるもの

A紫外線や風当たりの強い環境

が主として挙げられます。

外装リフォームをはじめとした営繕・修繕の専門家としては、塗装前や見積時点(現地調査)では確認しきれないような外装の弱点を何らかの方法にてあぶり出すこと、そして徹底的に修正していくことこそが、本当の意味でのメンテナンスだと思います。

例えばシーリング撤去や脆弱箇所の取外し(場合によっては一時的な壁面撤去)、漏水箇所の下調べや塗膜はく離など、時間と労力さえ掛けてしまえば発見できない事など皆無に等しく思います。

要は、本気で建物と向き合うことが、外装を正し、住宅内部の健康を守ることだと認識しています。

建物の健全化を行なった後、ようやく塗膜の強度や機能性に注力することができます。

 

本物件の屋根には【断熱塗料】を使用。

この塗料の最大の効能は、断熱性と遮音性です。

厚みをつければ付けるほど効果を発揮するため、何度も塗り重ねています。

そして壁面には表面温度の上昇防止、つまり太陽光の熱エネルギーを分散させ壁内への蓄熱を低減させる【遮熱塗料】を用いました。

こちらも厚みをつけて施工しております。

また、付帯部へは高級フッ素を使用していることから着工から完工まで一貫して、外装全体を過酷な外気から守るための条件全てが揃ったと確信しています。

お選び頂いた色に関しても蓄熱しにくい優しい色であることからも、この先ずっと良い状態を維持できるものと考えます。

 

すべての物件にも言えることでありますが、隅から隅まで徹底して調査+修繕をした結果、職人としてのスキルがまた一歩前進したことも大きな収穫となり、さらには徹底調査の重要性をも再認識することができました。

見て見ぬふりを絶対にしないのが、メンテナンス業者の本来のあるべき姿なのは明白でしょう。

▲このページのトップに戻る

  adpkt.jpgtop_img4.jpg