タスペーサー無しでは語れない、屋根の塗替え

2018.2.9 金曜日


 

工事ブログの更新もままならない、ずぼらな片山です。

 

ここ数日間のお問い合わせではスレート屋根の塗装見積もりが相次いでおり、タスペーサーについて説明させていただく機会が多くなりましたので、こちらでも記したいと思います。

 

タスペーサー(販売元 株式会社セイム 様)とは、スレート屋根の塗り替え工事で欠かすことのできないアイテムで、屋根内部の寿命を延ばすための必需品のこと。

 

別のページでもたびたび登場するこの部材。いったいどういうものなのか。

この記事であらためて紹介したいと思います。

 

 


 

 

タス・挿入前.jpg

タスペーサー挿入風景

 

スレート屋根と言えばこのようなタイプが多いと思います。

画像の中にいくつかの突起物があるのがわかりますか?

施工最中ではありますが、これがタスペーサーです。

 

tasu2.png裏と表・このような部材です

 

↑ 詳細はこのようになっています。(なんだか、内職で組み立てる部品みたいです・・・笑)

 

では、これがどのような働きをしてくれるのでしょうか。

 

スレート瓦屋根の構造.png

屋根の断面図のイメージ

 

スレート葺きの屋根の場合、このような形状になっております。

 

緑色で描いた線・つまり屋根の部分なのですが、ここがはじめの防水ポイント。

スレート屋根瓦のわずかな隙間から水が浸入することが多々あり、それを防ぐために一役買ってくれているのが当該部材です。

 

それでは、実際の流れを見ていきます。

 

▲このページのトップに戻る

  adpkt.jpgtop_img4.jpg