コロナの影響・・・・!?

2020.6.9 火曜日 晴れ


 

コロナ感染症終息化に、一瞬の兆しが見えたのもつかの間。

再び感染者数が増えつつある今日この頃・・。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

わたしは元気には元気なのですが、巷の状況がこのありさまですから精神的に参っているような状態です。

 

さて、明るいニュースより暗い話題の方が多いように感じるこのご時世ですが、町を見渡せば足場があちらこちらに建ち始めています。(弊社は、昨日無事に足場を1棟解体することができました。)

建築業界もこれで復活か?!と、建設業者の端くれである私にとっては非常に明るい話題であります。

・・・ですが先日、弊社へこんな電話相談を頂きました。

●(塗替え工事を)A社に決めていたが、相見積もり先であるB社が再び割り込んできた。

「コロナ時期だから応援価格で施工しますよ」と言われ、B社に決めてしまった。

そのB社は、相談者さまからA社の値段を聞き出し、その場でA社よりも30万円ほど値段を下げてきたそうで、うっかりB社にお願いしたそうです。

・・・と、ここまでは良くあることみたいですが、続きがあります。

●翌日には足場が建ち、工事がスタートした。

●しかし仕事がとても雑だ。

●1週間もかからず屋根〜壁が終わり、足場も解体された。

●契約時には一流の職人さんが来ると言っていたが、どう見ても素人くささが否めないような人がいつも1人でペンキを塗っていた。

(プライバシーの問題があるため、電話内容を凡そまとめて記載しました)

・・・▲1年に何度かこのような相談を頂くことがあるのですが、本当によくある事例みたいです。

営業マンは、どうにか仕事を取るために『あの手この手』で営業することは有名で、わたしも何度か打ち負かされておりますが(汗)、まさかコロナまで利用し人の弱みに付け入るとは・・・・・・。

しかしながら、そのような手法を用いることがまかり通っているのもまた事実です。

塗装工事に限ったことではありませんが、皆さまも『心のスキを突いた甘い言葉には裏がある』と、疑う気持ちを忘れないでください。

今現在まだまだ厳しい状況ではありますが、一日も早く元通りの暮らしに戻れますように・・・。

▲このページのトップに戻る

  adpkt.jpgtop_img4.jpg